2009年03月07日

歌のおにいさん 第8話 最終章!!再び全てを失う瞬間

B001PR07H8Believe│曇りのち、快晴【初回限定盤1】

ジェイ・ストーム 2009-03-04

by G-Tools


スタッフの受け入れ先を探し回る真鍋。
その様子を見ていたうららは、危険分子を追い払うつもりだと誤解。

光雄の工場は相変わらず厳しい状況のままで、このままだと人を雇っているのも困難なようで。
家に帰った健太は、いちゃついているさくらと克美に、ちょっと微妙そうな表情w
健太は克美は本気だと言うものの、さくらはちゃんと言われないとと。

うららから話を聞いたのか、住吉達は真鍋のご機嫌取り。

一方、ジゼルは、安斉が他のメンバーに、明音がメンバーが作った歌を歌いたくないと嘘をつく。
昔のジゼルの事は忘れたいと言っていたと。
今、明音は姿を消してしまっている模様。

スタジオに、何故か氷室が登場。
健太を引っ張って行った氷室は、番組の視聴率が大幅に低下している事を指摘。
自分が戻れば…という話をするが、健太は全然聞いていないのだった。

真鍋がまたメンバーの就職先を探している所を、偶然見てしまう健太。
番組が打ち切りという事も聞いてしまう。

克美はさくらにプロポーズしそうな気配。
そして、健太も居る場所で、結婚して下さいとキッパリ言ってしまう。
でも、今はそんな事考えられないと…。

自棄酒する克美に付き合う健太。

スタジオに行く途中で、健太は安斉と遭遇。
明音が行方不明で、健太の所へ行っているんじゃないかと聞かれる。でも、健太は来るわけが無いと。
そこに真鍋が来て安斉は行ってしまうが、真鍋は健太に、安斉に関わらない方がいいと忠告する。

そして、健太は番組が打ち切りが本当なのか、真鍋に訊ねる。
視聴率だけの問題ではなく、子供向けの番組が要らないと。
健太達が番組を変えてくれて十分、皆の行き先が決まれば自分の仕事は終わりと真鍋。
真鍋はもう少し黙っていてくれるよう、健太に頼む。

健太の元に、ジゼルのメンバーの2人がやって来る。
戻って来ないかと誘われる健太。でも、俺が居たらデビューなんか出来なかっただろうと。
夢を叶えたんだから頑張れと励まし、健太は2人と別れる。

健太がスタジオに行くと、遂に番組が終わってしまう事が発覚したようで。
真鍋が話さなかった事で、住吉はご立腹。中村を連れて行ってしまう。
うらら達も行ってしまい、残っているのは健太だけ…。

そこに、子供が歌いたいと言ってくる。
その子を真鍋の元へ連れて行き、番組は終わると言ってやれと健太。
泣きそうな子供に、真鍋は終わるなんて言えるわけが無いと。
健太は子供に謝り、自分の行き先は自分で決めると真鍋に告げる。

健太が明音に連絡を入れると、安斉の元へは帰れないと。
電話は切れてしまい、安斉が原因だと気付いた健太。

真鍋は安斉の元へ行き、お金が欲しい、スポンサーになってくれと言い出す。
そこに、健太が訪ねてきて、明音になにをしたのかと問う。
安斉は、またボーカルを変えればいいと言い捨てるのだった。
それで、安斉が自分をボーカルから外した事に、健太は気付く。
あくまでも欲しいのは明音だけで、他のメンバーは要らないと言う安斉。
歌のお兄さんなんかと言われた健太は怒り、遂に安斉を殴ってしまうのだった。

一方、克美は光雄に、さくらを下さいと言いに行く。
その最中、いきなり光雄が倒れてしまうのでした。


posted by コフユ at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top ドラマ :>歌のおにいさん 第8話 最終章!!再び全てを失う瞬間
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。