2009年01月17日

歌のおにいさん 第1話 幸福を振りまく史上最悪の男!!

いきなりバンドが解散し、恋人の明音にも振られてしまった健太。
就職の内定は取り消されてしまい、かなりどん底のようです。
父親・光雄から働かないなら学費を返せと言われた健太は、必死の就職活動。
そして、就職活動が実ったのか採用決定。でも、それは歌のおにいさんだった。

メルヘンな衣装を纏った写真を見て、ため息の健太。
父親に借金の話をされ、渋々就職した事を話す。
でも、仕事の内容を聞かれ、テレビの仕事と漠然とした返答をするのだった。

そして、リハーサルに行く健太。
プロデューサーの真鍋に促されスタジオに入り、一緒に入った守ると共に自己紹介。
でもいきなり、健太が先輩の氷室に失礼な事を言って一触即発!
それでも自己紹介は続行するが、個性豊かなうららと氷室に引き気味の健太。
帰ろうとするが、引きとめられるのだった。

健太や守は、歌のおにいさんではなく、愉快な仲間たちに選ばれたようで。
またも帰ろうとする健太だが、そこに何故か明音の姿。
少し話すものの明音は行ってしまい、健太は連れ戻されてしまう。

そして、着ぐるみを着る健太と守。
子供番組なのに子供が居ない事を不思議に思う守。でも、健太は子供が居てもウザいだけと。

翌日、筋肉痛の健太。でも、新聞に写真が載ってしまい、早々に克美にバレてしまう。
健太が出ている番組を見ている光雄を、健太と克美は必死に誤魔化すのだった。

そして、また収録。今回は、子供達も一緒なのだった。
着ぐるみを着ている健太と守は、早速子供達に囲まれてしまうw
氷室は子供は余り好きではないようで、ご機嫌斜めの模様。

子供達にお兄さん(氷室)の前に出ない、衣装に触らない。と注意するものの、子供達が聞く訳もなくw
氷室は子供達と張り合い、最後は怒鳴ってしまう。

すっかりダレ気味でやる気ゼロの健太に、ご立腹の守。
「この仕事幾らでもやりたい人居るのに、失礼だよ」

以前は子供も居たけど、氷室が主役になってそれが無くなったようで。
そろそろ政権交代か、というスタッフの話を、盗み聞きしていたうらら。

1人座っていた健太の元に女の子がやって来る。
そして、帰った一般参加の子供達が可哀相と思わないかと言ってくるのだった。

収録が再開し、今度は子供達抜きに。
でも、うららから政権交代の話を聞いたのか、歌詞をわざと変えてくる。
「僕より目立っちゃいけないんだ、わかるね?」
主にターゲットは守だったが、腹が立ったのか健太も文句をつける。
子供の為の番組という健太だが、氷室は自分の為の番組と主張。
跪くよう言われた守は、土下座をして氷室に忠誠を誓う。
でも、健太はそんな事はせず、さっさと出て行ってしまうのだった。

出て行こうとする健太の前にあらされるプロデューサーの真鍋。
自分が変わりなさいと言われるが、健太は戻る事は無く。
その帰り道、健太はテレビに映った明音達を見つける。
「そういう事か…」

そして、健太がテレビに出ている事に、姉のさくらが気付いてしまうのだった。
早速、光雄に問い詰められる健太。
本当にやりたい事なのか問われ、しょうがないからやっていると言い捨てる。
光雄に平手打ちされ、健太は家を飛び出すのだった。

一方、健太が抜けた事で収録が進んでいないようで。

1人で居た健太の元に、明音がやって来る。
デビューがいつから決まっていたのか問われ、健太の就職が決まってからと答える明音。
真剣に音楽をやって居たから、裏切られたと思ったと。
「私には夢があるから」

健太は戻る事を決意し、テレビ局へ。
そして、番組を途中で投げ出した事を謝罪。
氷室に自分にもも頭を下げるよう言われるが、そこに、子供達が乱入。
「これは、子供の、子供による、子供の為の番組だ」
「だからあんたには謝んねえ。絶対謝らねえ!」




posted by コフユ at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top ドラマ :>歌のおにいさん 第1話 幸福を振りまく史上最悪の男!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。