2008年10月13日

七瀬ふたたび 第1話 そして扉がひらく

4101171076七瀬ふたたび (新潮文庫)
筒井 康隆
新潮社 1978-12

by G-Tools


老人ホームに勤める七瀬。
一方、テレビで流れる通り魔事件。
その現場に居た恒介は、七瀬の姿を幻で見るようで。

母親が事故に遭い、病院に駆けつける七瀬。
母親の声が聞こえてきた七瀬だが、実際には意識不明。
だが、母親の手を握った瞬間、七瀬は母親が見ている夢を一緒に見るのだった。
そして、七瀬の母親は亡くなってしまう。

母親の葬儀の最中、様々な声が聞こえてくる七瀬。
葬儀には、父親を知っているらしい藤子の姿も。
父親の事を問い詰めようとするが、姿を消してしまう。七瀬はテレパスみたいですね。

職場に出る七瀬だが、皆の声が聞こえてきて苦しむ事に。
でも、「笑顔を取り戻して」という声に、励まされるのだった。

そしてまた、通り魔事件勃発。
写真を見ていた刑事は、事件現場に同じ人物が写っている事に気付く。

恒介は、また誰かが襲われる幻を見て、現場へと駆け出す。
でも、助ける事は出来ず、女性は襲われてしまう。
現場近くに居たところを目撃され、どうやら疑われてしまった模様。

一方、七瀬の元に友人・瑠璃が訪ねてくる。
口にしている事と心に思っている事が同じ瑠璃に、七瀬は癒されてるようです。

父親の死の真相を確かめる為に、勤めていた会社へ向かう七瀬。
でも、父親の記録は残っていなかったと。

恒介の元に警察が現れ、何故現場に居たのかを追求される。
そんな最中、七瀬が居る場所がはっきり分かるイメージを見た恒介は、その場から逃げ出してしまうのだった。

列車に乗った七瀬は、七瀬と同じように心の声が聞こえる少年・朗と遭遇。

恒介をしっかり尾行している刑事達。
そして、恒介は今度は、列車が事故に遭うイメージを見ると。

両親が亡くなってから力に目覚めたという朗。
七瀬と一緒に居たいと言い出すのだった。

今度こそ刑事を巻いた恒介は、七瀬を探す。
また列車の事故のイメージを見る恒介。そのイメージは、七瀬と朗にも伝わっているようで。
「君は誰なんだ。何故俺は君と出会ったんだ」
唐突にそんな事を言い出す恒介に、七瀬と朗は少々引き気味。

でも、恒介はどうやら七瀬の父親を知っている模様。
そして、列車が事故に遭う事を、七瀬に教えて、列車から降りるように言う。
七瀬と朗は何とか皆と一緒に降りるようとするが、恒介は強引に七瀬を連れ出す。
後から降りてきた朗も、何とか無事。

これまでもずっと未来を変えようとして来たものの、変える事が出来なかった恒介。
そして、事故は起こってしまったようで、七瀬と朗は、乗客達の苦痛を感じ取るのでした。
posted by コフユ at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Top ドラマ :>七瀬ふたたび 第1話 そして扉がひらく