2010年11月21日

STAR DRIVER 輝きのタクト 第8話 いつだって流星のように

B0043C3EMWCross Over(アニメ盤)
前澤希 9nine
SME 2010-12-01

by G-Tools


気多の巫女に出て行くよう告げるヘッド。

一方、タクト達三人はぎこちない雰囲気。
ワコはスガタに助けてくれた礼を言うが、スガタは自分がしたいようにしただけと。
そして、スガタは帰ってしまい、ワコはプレゼントを手渡せず。

タクト達がぎくしゃくしてると、ルリとカナコは揃ってタクトに話す。

綺羅星十字団の総会が行われ、タウバーンを倒せばリーダーになれるというルールに変更は無い事を確認。
そして、ザメクのドライバーが覚醒した現状から考えれば、自分達の最優先課題は第3フェーズへの移行と。

帰り道、ケイトはワコに声をかけ、プレゼントを返品するつもりか訊ねる。別の理由で渡すのも無しと。
ワコはそれに、サイズが合わなくて交換してもらおうかと思ってと。

バスの中、ワコ達は気多の巫女と隣り合わせる。
フェリー乗り場への道を問われ、ケイトがそれに答えるのだった。
旅行かと訊ねるワコに、サカナちゃんは今朝まで大きな鳥かごに閉じ込められていた事を話す。
自分を閉じ込めた彼の事が好きだったから、別にそれでも良かった。彼も自分の事を好きだと言ってた。
お互い好きでも、何故かうまくいかない関係というのがあると。

バスから降りた気多の巫女に、元気でと声をかけるワコ達に、皆さんもお元気でと告げ、気多の巫女は行ってしまうのだった。

続きを読む
posted by コフユ at 20:06 | Comment(2) | TrackBack(44) | STAR DRIVER 輝きのタクト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。