2009年06月20日

MR.BRAIN 第5話 変人脳科学者VS美しき多重人格者!!結末は驚愕のアハ体験!?

4838785658anan特別編集 『MR.BRAIN』 PRESENTS 美人脳エクササイズ (マガジンハウスムック)
マガジンハウス 2009-05-24

by G-Tools


楽譜の暗号を解読した九十九。
一方、白骨死体をDNA検査した結果、5年前の連続強盗殺人犯の加害者の物と一致。

そして、八木を呼び出し、ズバリ犯人ですよねと九十九。
優が書いた譜面が所々が抜けているのは、九十九が盗んだのではないかと。
木下殺しも優の譜面の盗難も否定する八木に、九十九は記憶力をテストする為に神経衰弱を申し出る。
勝てば木下が犯人じゃないと認める、負けたら木下が犯人という勝負を、木下は了承。

神経衰弱が始まり、ピアノに置かれていた楽譜を見た八木に異変。
それでも勝負は続行され、八木が勝利する。
でも、実際のテストはここからと九十九。
部屋で一箇所だけ変わっている部分があり、その答えは楽譜が一枚無くなっているという事。

八木が盗もうとしていたのは、優が八木の名前を示す暗号を書いていた物だった。
神経衰弱の最中に気付いた八木は、それを盗もうとしたと。

八木が死体を持ち込んだ時、優は咄嗟に楽譜に音符で八木の名前を記入。
その後、八木は優が殺したと言い聞かせ、自供するメモを書かせていたのだった。

犯人が八木だった事を知った純は呆然。純が勘違いしていた事を知らされる。
そして、西崎という男の写真を見せられ、知っているか訊ねられる。

5年前、西崎に襲われそうになった純は、咄嗟に手に届いた物で西崎を殴ってしまったと。
その後、遺体を始末しようとしていた所を八木に見つかり、脅されて優の曲を奪われるようになってしまった。
全てを知った木下は、八木と話をつけようとして、殺されてしまったようで。
でも実際には、純を守る為に西崎を殺したのは、優だったのでした。

続きを読む
posted by コフユ at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(12) | ドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。